ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

メカニック 第4話「マックス号応答せよ」

地球防衛軍唯一の艦船マックス号の謎

2017/03/31

ウルトラセブンで一話だけ登場する地球防衛軍の最新鋭原子力船、マックス号。

唯一登場する第4話「マックス号応答せよ」を詳しく見てみよう。

icon-check-square-o「マックス号応答せよ」のストーリー

艦船が消失する事件が相次いで発生した。

極秘任務によりソガとアマギはダンの運転するポインターで最新鋭原子力船マックス号へ向かう。
(ウルトラアイで「諸星弾が水陸両用スーパーカーのドライバーとして務める」とうい構想を踏襲している。詳しくは、ウルトラセブンに隠れたウルトラアイとレッドマンを参照)

謎の女にウルトラアイを盗まれるダン。

片やマックス号は、ゴドラ星人に宇宙まで運ばれ占領されてしまう。

フルハシに変身したゴドラ星人が、地球防衛軍に爆弾を仕掛けるも、危機一髪でダンがセブンに変身し危機を逃れる。

ダンに変装したゴドラ星人もセブンが撃退し、宇宙に放浪するマックス号へ向かう。

タケナカ参謀以下ウルトラ警備隊員を脱出させると、マックス号を破壊したのである。


icon-check-square-oマックス号(T.D.F. MAX)のスペック

全長、全幅、スピードなど公式上は全て不明。

ただ、ホーク2号が接弦できること、観測用ロケットを搭載していることを考えると相当巨大であると考えられる。

ホーク2号の主要諸元は、全長64m、全幅12mである事から推測すると、全長は約250m、全幅40mクラスではないだろうか?

因みに、日本海軍最大の戦艦大和は、全長は263m、全幅38.9mであることから、大和とほぼ同じ大きさであったことは感慨深い。

艦内の一部区画は気密室として機能するため、水中でも宇宙空間でも暫くは生命機能は維持できそうだ。

その他、推進機関が原子力機関であること以外に多くが、謎に包まれた艦船であったことは間違いない。

一話だけで姿を消してしまったのは何とも惜しい事をしたものである。

icon-check-square-oPO-Ⅱが登場

この4話には見逃してしまいそうで、色々注意深くみるところがある。

その一つに、PO-Ⅱ(ポインターⅡ)の存在が明らかになるシーンが一瞬登場する。

ダンに扮したゴドラ星人が、アンヌを襲うシーンの直前に、駐車場に並んだポインターが3台映し出される。

見逃さないように注意したい。

他には、ダンの運転によりポインターが走るシーンで初めて「ULTRA SEVEN」の挿入歌が使われているし、

ウルトラホークの発進シーンでは初めて「Forth Gate Open.Forth Gate Open...」のナレーションが使われている。

ラストシーンでウルトラ警備隊員が、セブンに引かれて宇宙遊泳で脱出するシーンや気密性の低いヘルメットは何とも微笑ましい。

ただ、アポロが月面に着陸するのはセブン放映から2年後の、1969年7月20日のことである。

まあ、良しとしよう。

視聴率:32.5%

脚本:山田正弘
監督:満田かずほ
特殊技術監督:有川貞昌

-メカニック, 第4話「マックス号応答せよ」
-, , , ,