ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

メカニック

ポインター(TDF PO-Ⅰ)は改造車両だった

2016/11/17

ウルトラ警備隊の地上移動用の特殊自動車に位置づけられるポインター(TDF PO-Ⅰ)

派手な出で立ちでありながらも足回りは若干華奢な感じも受けます。

ポインターな特殊能力の中で際立っているのが、何といってもホバークラフト機能でしょう。

この能力で水上をも自由に移動することができます。

ポインターはロータリーエンジンジェットエンジンの2基を搭載していたことから、水上での推進力としてジェットエンジンを利用していたと考えられます。

方向転換は航空機のラダー的なものが、確認できない事からジェットエンジンの角度を調整できるのではないかと推測します。

攻撃用兵器として、フロントフェンダーに取り付けられたレーザーガン、バックミラー内に取り付けられたニードルレーザー、リアウィンドウ内には3連式のロケットランチャーを左右に2基装備。

防御装置としては、フロントグリル内部に敵を攪乱する煙幕装置、車体を光波で包み敵の光線兵器を防御するバリアを備え、地中の敵を察知するための地中レーダーも装備しています。

icon-hand-o-right豆知識
全長:5.3m、全幅1.9m、最高速度365km/hのポインターは、クライスラー・インペリアル57年式の中古車を改造したもの。

フロントとリアの一部を切除してポインターの形に仕上げたそうで、中身はクライスラー・インペリアルのままですので、エンジンの調子が悪く、撮影中は苦労したそうです。

ポインター型の車両は、4話「マックス号応答せよ」でPO-Ⅱが、5話「消された時間」でMP-12が登場しますのでチェックしてみて下さい。

-メカニック
-, , , , , , , , , , ,