ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第47話「あなたはだぁれ?」

あなたはだぁれ?私はだぁれ?

2017/06/06

深夜に帰宅したふくろう団地が一変、誰もが自分を知らない状況に、途方に暮れる中年サラリーマンは。

icon-check-square-o 第47話「あなたはだぁれ?」あらすじ

巨大マンモス団地である、K地区のふくろう団地に住むサラリーマンからウルトラ警備隊に電話が入った。

サラリーマン佐藤によると、深夜に帰宅すると家族や近所の住人、理事長や警官までから知らぬ存ぜぬの扱いを受けたというのだ。

一方、同地区上空の音波を調査中だったウルトラ警備隊は、佐藤の言い残した「そうだ、あれは宇宙人だ!」との言葉が気になりダンとフルハシが捜査に乗り出した。

ダンは地球人には見えない透視能力により、夜行性のフック星人がK地区一帯を宇宙人の侵略拠点とすべく団地全棟を地下へ移動させ、代わりに宇宙人居住団地を地上に浮上させて活動していたのを見破った。

拉致されていた佐藤を救い出したところで、本性を現したフック星人だったがセブンが立ちはだかり、野望を打ち砕いた。

一方、敵円盤群はウルトラホーク1号と3号のデュエット攻撃により、壊滅した。


icon-check-square-o 集団宇宙人フック星人

夜行性であるフック星人は昼間、K地区ふくろう団地の地下に潜伏していたが、夜になると上下の団地を入れ替えて戦力の増強などのため暗躍していた。

団地の移動中は、ホログラフの技術により周りに気付かれないようにカモフラージュし、住人は催眠状態にしていた。

フック星人が暗躍する真夜中に、午前様となった佐藤が帰ってきたため、問題がウルトラ警備隊の知るところとなったのだ。

3体のフック星人が巨大化してウルトラセブンに立ち向かうが、ボディスパークで目眩ましを受けた後スリーワイドショットにより敗れ去った。

夜行性で光に弱いという設定のため目は退化したのだろう、顔には目に当たる部分が見当たらない。

それにしても、ホログラフまでを駆使して能力の高さを見せた割には、人間が夜中にも帰ってくることぐらい気付かなかった設定は何ともウルトラセブンらしくていい。

icon-check-square-o サスペンス的SFドラマ

酔っ払いのサラリーマンが深夜2時にタクシーで帰って来て、マンモス団地の中の自分の部屋にたどり着いた。

そこには、母ちゃんの機嫌をとるためのお土産をぶら下げた、当時の生活感たっぷりの日常をウルトラマンのキャップだった小林昭二が好演している。

一転、佐藤の家族や隣人から知らぬ存ぜぬ「あなたはだぁれ?」とサスペンスの開始だ。

途方に暮れ、ウルトラ警備隊に連絡してからフック星人が現れ一気にSF的な要素を加えてサスペンスドラマが進んでいく。

佐藤の妻、息子、隣人、警官、自治会長はすべて無表情で気味悪さを引き立たせて視聴者をグイグイ引き寄せる。

ダンとフルハシが加わってからはSF要素が一気に高まるといった具合に初監督としての安藤達巳が、力の限りを振るった作品だ。

あまり評価は高くないようだが、私自身は割と好きな作品だ。

icon-check-square-o ウルトラホーク勝利のダンス

「ウルトラ警備隊の歌」をバックに隊長とアンヌがホーク1号、ソガとアマギがホーク3号で敵攻撃のためK地区上空に出動した。

隊長の「よし、撃墜せよ」の命令でホーク3号が円盤群に突っ込んでいき、かき回しているのかかき回されているのか若干理解に苦しむシーンになる。

突っ込む前のソガとアマギには悲壮感はなく、経験済みの戦術を繰り出す自信に溢れた表情をみると、ホーク1号と3号の連携技なのではないかと思う。

ホーク3号が突入したシーンは、第45話「円盤が来た」でのホーク1号と敵円盤群との幻想的な戦闘シーンを彷彿させる。

見事、フック星人の円盤群を殲滅させ帰投するシーンでは、ヨハン・シュトラウス2世作曲の「皇帝円舞曲」に乗ってウルトラホークが勝利のダンスを披露する。

隊員は笑顔で勝利の合図を送り合い、朝日を浴びながらマンモス団地上空を飛び去るウルトラホークが格好いい。

icon-check-square-o ロケ地、その他

K地区のふくろう団地は、当時の新興住宅地であった、たまプラーザだった。

今回だけ登場する特殊装置として、フルハシの靴の踵には小型通信機、ダンは風景がホログラフであることを見せるために光るボールを使った。

視聴率:23.4%

脚本:上原正三
監督:安藤達巳
特殊技術監督:的場徹

-第47話「あなたはだぁれ?」
-, ,