ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第46話「ダン対セブンの決闘」

モロボシダン対セブンの決斗

地球人のヒーロー、ウルトラセブンそっくりの敵が現れた。ホンモノはニセモノを倒すことが出来るのか?

icon-check-square-o 第46話「ダン対セブンの決闘」あらすじ

伊良湖岬周辺の怪現象を調査する為に、ハイドランジャーで海底を調査すると共にウルトラ警備隊のフルハシ、ダン、アンヌを現地の調査に向かわせた。

ダンの追跡をしていた怪しい女が、ハイドランジャー爆破に深く関係していることを突き止め追い詰めたが、逆に拉致されてしまう。

怪しい女はサロメ星人で、拉致された地下基地ではニセ・ウルトラセブンが製造されていたが、ウルトラビームの仕組みを解明出来ないでいた。

拉致したダンにその秘密を自白させるためトークマシンを使用し、ウルトラビームの秘密を聞き出すことに成功した。

サロメ星人は完成したニセ・ウルトラセブンを出撃させて民間船の破壊を敢行する。

危機一髪で地下基地から脱出したダンは、カプセル怪獣アギラを放つが力の差は歴然、全く歯が立たなかった。

おっとり刀で登場したセブンと偽物の対決が始まる。

同様の能力を有する両者は、互角の戦いを繰り広げるが、場数を踏んでいない偽物は水中で撃破された。

残るサロメ星人の乗る水中翼船型宇宙船もセブンにより爆破されてしまった。


icon-check-square-o 侵略星人サロメ星人、ロボット超人ニセ・ウルトラセブン

地球侵略を目論みロボット超人ニセ・ウルトラセブンを製造したサロメ星人。

高度な知能と科学力によりニセ・ウルトラセブンを完成間近の状態まで作り上げていたが、ウルトラビームの秘密だけは解明出来ないでいた。

女サロメ星人により拉致されてしまったダンは、トークマシンによりその秘密を自白させられてしまう。

ダンが自白したウルトラビームの秘密は「MGSH3GWFD1」だが、特に意味あるキーワードではないようだ。

サロメ星人は4人登場するが、人間に化けたままで、最後まで本来の姿を現すことは無かった。

身長1.9m、体重120kg

サロメ星人の科学力により建造されたウルトラセブンそっくりの巨大ロボットであるニセ・ウルトラセブン。

本物のセブンと同様の能力を有し、アギラを圧倒し、本物のセブンとの対決が始まる。

同様の能力を有するため互角の戦いを展開、初披露となるラインビームまで繰り出された。

空中戦に移った後はセブンの放ったボディ風車の直撃で海中に没し撃破されてしまった。

ニセ・ウルトラセブンは廃棄されたセブンの着ぐるみを再利用したもので、映像からはよく分からなかったが、劣化は激しかったようだ。

身長40m、体重3万5000t

icon-check-square-o アメリカ対ソ連の戦い

アメリカとソ連の冷戦下、日本を守っているアメリカの前に、軍事超大国ソ連が牙を剥いてきた。

本物のセブンがアメリカで、ニセ・ウルトラセブンがソ連と考えると分かり易い。

この両雄があいまみえると本物のセブンであるアメリカは、ニセモノのソ連に勝てるのか?

両雄の狭間で右往左往する日本であるウルトラ警備隊の惨めさが、情けなくて悲しい。

ソ連をCHINAに置き換えれば、状況は現在も殆ど変わらないと言える。

icon-check-square-o アギラとウインダム

シナリオでは、拉致されたダンが、カプセル怪獣ウインダムを登場させて窮地を脱することになっていた。

放映版で、そのシナリオは実現しなかったが、よく思い出していただきたい。

第39話「セブン暗殺計画 前編」でウインダムは、ガッツ星人の手によって大爆死を遂げているのである。

ご存知のように、ウインダムはロボットではなく生物の設定だ。

もし、今回登場するとなると、M78星雲のメタル星から新たに連れてきたと考えられるが、釈然としない。

やはり登場しなくて正解だろう。

アギラとニセ・ウルトラセブンとの戦いは、力の差が歴然としており相手にならない。

アギラにすれば見た目が、セブンそのものであり、戦いの当初から戦意を喪失していたのも頷ける。

アギラが頬杖をしてヤレヤレといった雰囲気を醸し出していたのが面白い。

icon-check-square-o ロケ地、その他

ロケ地は、愛知県蒲郡、プールで女サロメ星人を監視するシーンは、三谷温泉「松風園」の設定だが、プールのシーンだけは都内だったという指摘もある。

女サロメ星人が乗る赤いホンダS800とカーチェイスを繰り広げたのは、蒲郡周辺だった。

伊良湖岬の灯台は、実際には三浦半島で撮影され、基地入口の灯台は観音崎灯台で撮影されたようだ。

フルハシが使用している双眼鏡は、ニコンのミクロン。

撃沈されたハイドランジャーは一号艇だ。

当エピソードを紹介する予告ナレーションの中で以下のような言い間違いがあった。

「…伊良子崎一帯の異変を調査に出かけたダン隊長は、…」

視聴率:19.1%

脚本:上原正三、市川森一
監督:鈴木俊継
特殊技術監督:大木淳

-第46話「ダン対セブンの決闘」
-, , ,