ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第44話「恐怖の超猿人」

猿人ゴリーを操れなかった宇宙猿人ゴーロン星人

人間の脳を猿のモノと交換しサル人間を創り出し、人類支配を目論む宇宙猿人とは。

icon-check-square-o 第44話「恐怖の超猿人」あらすじ

ゴリラ男に2人の警察官が襲われ惨殺された。

その殺され方からみて、とても人間の仕業とは思えないフシがありウルトラ警備隊に捜査依頼きたのだ。

ダンとアンヌは惨殺現場の近くにあるモンキーセンターを訪ね、調査することになった。

モンキーセンターを見学する中、飼育係の異常な行動から本格調査に乗り出したダンとアンヌ。

世界の100種類以上の猿が収集されている中に、「ゴールデンライオンタマリン」と呼ばれる夜行性の猿に姿を変えたゴーロン星人が、博士や助手を操り、猿人間を作り出し地球侵略を企んでいたのだ。

モンキーアパートの飼育係は猿との脳波交換によって創り出されたサル人間(ゴリラ男)の第一号だった。

モンキーセンターの真山博士と助手はアンヌとダンをサル人間にしようと企んでいたが、ゴリーの反撃にあい計画は失敗する。

アンヌは日本ラインを下り何とか難を逃れ、ダンはセブンに変身しゴーロン星人を倒す。


icon-check-square-o 宇宙猿人ゴーロン星人、猿人ゴリー

人間と猿の脳を脳波交換装置により交換しサル人間を作り出し、全人類を支配しようと目論んだ宇宙猿人ゴーロン星人。

モンキーセンターの「ゴールデンライオンタマリン」に化け真山博士とその助手を手足として操り侵略計画を進めていた。

しかし、ゴリラ男のゴリーの予想外の反撃とダンに正体を見破られたことから巨大化しセブンに牙を剥く。

セブンとの戦いでは、軽いフットワークと催眠光線、更には姿を消す能力や怪力でセブンを翻弄、アイスラッガーの攻撃にも耐え抜くが、意識を取り戻したセブンの手裏剣光線で体力を奪い、エメリウム光線で木っ端微塵に砕け散ってしまった。

身長35m、体重8000t

ゴーロン星人によって作り出されたサル人間第一号が飼育係の猿人ゴリーだ。

モンキーアパートの清掃中にサルに指をかまれたゴリーが、アンヌの手当てによりアンヌに思いを寄せることになる。

その結果、ゴーロン星人にとっては予想外の行動により計画変更を余儀なくされてしまう。

アンヌへの思いが本人には通じず、フルハシの一撃で崖の上から転落死してしまった。

何とも切ない最後だ。

身長2m、体重70kgと見た目よりはかなり痩せていた。

icon-check-square-o ハリウッド映画の影響

当エピソードでキーワードとなるのは何といってもサル人間だ。

第43話「第四惑星の悪夢」でも影響されていた「猿の惑星」が、本作である第44話にも大きく影響している。

モンキーアパートの飼育員の気持ちが昂った時にゴリラ男に変身した時の顔が、「猿の惑星」を支配している猿を彷彿させるのだ。

更にゴリーがアンヌに恋心を抱きアンヌを助けるシーンや、崖の上から転落するシーンは「キングコング」を思い出さずにはいられない。

第45話「円盤が来た」では意味合いは異なるが、ペロリンガ星人との宇宙での戦闘シーンの映像は「2001年宇宙の旅」の映像表現を参考にしたように思える。

第31話「悪魔の住む花」において、セブンがミクロ化して人体に巣食う敵との戦うストーリーは正に「ミクロの決死圏」そのものだ。

他にも、海外の映画やドラマの影響を受けて撮影されたエピソードが多々あるのではないだろうか。

icon-check-square-o ロケ地、その他

モンキーセンターは、愛知県犬山市のモンキーパーク。

冒頭の警察官が襲われるシーンは、世田谷区立総合運動場のようだ。

アンヌのライン下りのシーンは、木曽川の日本ライン下りだった。

ちなみに、アンヌはライン下りを撮影した当時、熱が40度あり意識朦朧の状態だったようだ。

視聴率:19.2%

脚本:上原正三、市川森一
監督:鈴木俊継
特殊技術監督:大木淳

-第44話「恐怖の超猿人」
-, , , ,