ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第38話「勇気ある戦い」

身体を張って教えた勇気ある戦いとは

母星の資源が枯渇し、地球の資源に活路を見出したバンダ星人。そのころ日本では増え続ける車、医療分野では心臓移植手術が注目されていた。

icon-check-square-o 第38話「勇気ある戦い」あらすじ

霧の中で30台の車が突如消える事件が発生し、調査に乗り出したウルトラ警備隊。

一方、ダンはアンヌの友達の弟(オサム君)が心臓欠損症の手術を前に勇気づけるため病院に行っていた。

心臓移植手術の権威、ユグレン博士の執刀を明日に控え、手術に立ち会うことをオサム君と約束した。

オサム君の手術を前に、車が渋滞する中濃霧が発生し大きなロボットが姿を現した。

ユグレン博士を病院まで運ぶ命を受けたアンヌの車が、ロボットに襲われるが間一髪のところでセブンに救われる。

地球防衛軍は、大きなロボットと母船を爆破すべく準備を進めるが、ロボットの破壊には失敗してしまった。

母船を失い暴走を始めるロボットは、街をなぎ倒しオサム君が手術中の病院に魔の手を伸ばそうとするが、ウルトラ警備隊とセブンの活躍で見事爆破に成功するのだった。


icon-check-square-o ロボット怪獣クレージーゴン、強奪宇宙人バンダ星人

母星の資源を使い果たし、地球に物資を求めてやって来た「強奪宇宙人バンダ星人」。

バンダ星人に操られ、濃霧の中に現れて渋滞中の車を食い物にするのが、「ロボット怪獣クレージーゴン」だ。

クレージーゴンは、大きなハサミを利用し車を腹部の倉庫に収集、母船とドッキングして回収していた。

ウルトラ警備隊のニセの渋滞情報に乗せられ、スペリウム爆弾が仕掛けれれた囮の車を収集し母船を爆破されてしまった。

爆破を逃れたクレージーゴンだったが、母船からのコントロールを失い半狂乱となって街を破壊し回る。

セブンの武器をも跳ね返し暴れまわっていたが、フルハシが持つエレクトロHガンの放つ弾丸となったセブンの体当たりで、木っ端みじんに砕け散ってしまった。

左右の腕のアンバランスは飯島監督が、少年時代に見たバランスを大きく欠いたザリガニを元にデザインされたという事だ。

脚の貧相さもザリガニの脚をモデルにしているのだろうか?

身長42m、体重3万t。

icon-check-square-o 子供に身をもって男の勇気を教えるダン

手術に怖気づくオサム君を励まし、手術に立ち会うことを約束したダン。

しかし、クレージーゴンの出現と対応に苦戦する地球防衛軍。

ダンは、隊長の気遣いに甘えず、人類の危機であるクレージーゴンの対応を優先するが、決してオサム君を見捨てたわけではなかった。

苦戦を強いられる中、間隙を縫って、重症を負った体を押し病院を見舞い、必死で約束を果たそうとするダン。

手術には間に合わなかったが、手術から目覚めた時、目の前に現れた負傷したダンの姿をみて全てを納得したように微笑む。

セリフは「ダン…」と言っただけだったが、心の中では「ありがとう」と続けたのではないだろうか。

icon-check-square-o ウルトラガード UG1119 JPN

訓練機としても用いられる戦闘機で、運動性能や攻撃能力の高さから戦闘攻撃機としてウルトラホークを支援する代表格だ。

超短距離離陸が可能で、市街地に潜伏し出現した敵に対して瞬時に対応することが出来る。

第30話「栄光は誰れのために」では、練習機として登場している。

当エピソードでは、クレージーゴンにより撃墜されたウルトラホーク1号の代わりに縦横無尽に活躍する。

特段代わったデザインではなくごく一般的な戦闘機で、武装は主翼下につけられた3連ミサイルポッドが高い攻撃力を見せた。

香盤表では今回登場する2機はそれぞれU・G・A号、U・G・B号と表記されていた。

最後に、渋滞中にアンヌの車が襲われるシーンで、格好良くアンヌが放った銃は「スリムレーザーガン」だ。

しかし、視聴率の落ち込みが酷い。

視聴率:19.5%

脚本:佐々木守
監督:飯島敏宏
特殊技術監督:高野宏一

-第38話「勇気ある戦い」
-, , , ,