ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第36話「必殺の0.1秒」

必殺の0.1秒に拘ったエリート地球防衛軍

ソガヒロタの確執にペガ星人が絡み、複雑な人間模様を見せる大人のドラマだ。

icon-check-square-o 第36話「必殺の0.1秒」あらすじ

地球防衛軍が秘密裏に進めていた、人工太陽開発計画に携わった人物が殺害される事件が発生した。

当開発計画の最高責任者であるリヒター博士の来日を護衛するため、狙撃の名手であるソガとヒロタが選ばれた。

しかし、既にヒロタは殺害事件の真犯人であるペガ星人によって操られていたのだ。

ヒロタも敵に回しながら博士を守ろうと奮迅するソガだったが、囮である博士を殺害されただけでなく自部自身の命も狙われた。

何とか命拾いしたソガはヒロタの目を覚まさせようと詰め寄るが、ペガ星人の返り討ちに会い意識を失い拉致されてしまう。

その結果ペガ星人に取り込まれたソガだったが、ポインターの衝突事故で意識を取り戻し、ヒロタとの一騎打ちに臨むのだった。

ヒロタを殺害し無事に博士を取り戻した一方、セブンはペガ星人の宇宙船を爆破する事に成功した。


icon-check-square-o 催眠宇宙人ペガ星人

アルファ・ケンタウリ第13惑星から太陽系の覇権を目指し地球にやって来た。

地球に侵入する際に邪魔になる人工太陽の計画を妨害することが当面の目標である。

太陽系征服のため地球を侵略基地にする計画だったためだ。

ただ、ペガ星人は地球の気圧に耐えられず、地上で活動することが出来ない。

全ては、地球人を洗脳してペガ星人の味方に取り込んだうえで侵略を狙ったのである。

確かにセブンの攻撃で倒されるシーンでは宇宙船に亀裂が入り、気圧が低下しペガ星人の身体が風船のように膨らんでいくシーンがある。

つまり、宇宙船内は気圧が地球上より相当高く、地球人にとっても耐えられないのではないかと想像するが、ソガ隊員は何の問題もなく拉致されていたのは不思議だ。

ペガ星人にとっては生きていられないほどの、気圧の低い地球を侵略基地に決定したのは、全て地球人を奴隷のように利用しようと考えての事だったのだ。

身長1.6m、体重56kgと設定が細かい。

icon-check-square-o ソガとヒロタの確執

ソガ隊員はウルトラ警備隊、ヒロタ隊員は参謀本部付きのエリートだ。

参謀本部は、ウルトラ警備隊を含め地球防衛軍極東基地の最高決定機関である。

つまりヒロタ隊員は、国家公務員で言うところのキャリアと同じようなモノだろう。

そう考えると、ヒロタ隊員が嫌味なエリートであることは頷ける。

射撃大会で優勝を逃したソガは、嫌味を言ったヒロタがあんな風になったのは、拳銃のせいだと意味深な事をこぼす。

ペガ星人とヒロタの会話に以下のようなセリフがある。

ヒロタ隊員:「じゃ、俺が勝ったのはお前が…」
ペガ星人:「そう、夕べ君は、優勝できるなら、友達を裏切っても、魂を悪魔に売ってもいいと言った。」

つまり、参謀本部に入りエリートコースに乗ったが、射撃の腕では友人のソガにどうしても叶わなかった。

ペガ星人の力を借りてでもソガ超えを成し遂げたかったのだ。

射撃大会では優勝したものの、自分の実力でないことに負い目を感じていたヒロタは、もう一度ソガとの勝負に挑む。

負けん気が強く、友達を裏切っても蹴落として上位に立ちたい、勉強は出来るが、器の小さい男のなれの果ての姿だ。

icon-check-square-o ロケ地など

射撃大会は、八王子の御殿山にあったクレー射撃場(第30話、第48話のクレー射撃場もここ)。

ポインターが煙に巻かれるトンネルは奥多摩だった。

落石に遭遇したポインターがホバー機能で上空に浮遊するシーンはやっぱり凄い。

視聴率:20.9%

脚本:山浦弘靖
監督:野長瀬三摩地
特殊技術監督:高野宏一

放映版ウルトラセブンより

-第36話「必殺の0.1秒」
-, ,