ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第34話「蒸発都市」

ダンカンに略奪されたビル街 蒸発都市

目的は地球侵略ではないが、一方的に地球の一部を我が物顔に略奪する身勝手な宇宙人ダンカンとは。

icon-check-square-o 第34話「蒸発都市」あらすじ

パトロール中に怪しい工事現場に遭遇したダンとソガ。

いきなり発砲してくるマイクロバスを追ってビジネス街まで追い詰めたが、敵の罠にはまり蒸発してしまう。

その後、ビジネス街の一角が丸々蒸発してしまったのだ。

調査に躍起になる中、霊媒師を通じて敵宇宙人からメッセージが伝えられた。

一時的な宇宙乱流を避けるため、暫くの間地球の住人になると言う身勝手な話だった。

更には、宇宙人の居住区とするために奪った街には近づくなと警告してきた。

蒸発した街を見つけたフルハシとアンヌは、警告を無視してダンとソガの捜査に乗り出す。

敵宇宙人は、報復としてセブンを操り街や警備隊員に襲い掛かるが、フルハシの活躍でセブンが正気を取り戻し敵怪獣ダンカンの退治に乗り出すのだった


icon-check-square-o 発砲怪獣ダンカン

太陽系からそう遠くない星を母星とする泡状の知的生命体であり、何にでも変身できる能力を有する。

ユタ花村を操って喋る時は、人間の姿に変身していた。

宇宙乱流(星の形成過程で放出されるエネルギーらしいが詳細は不明)を避けるために、一時的に地球に居住する事を目的としてやって来た。

そのため、無断で自分勝手に都心のビル群を略奪テレポートしてしまう。

ユタ花村やセブンを操るなど知的能力は高いものの、やられ弱い面があだとなり計画は失敗してしまう。

ダンカンに変身しても、戦闘能力ではセブンと格段の差があり防戦一方で逃げ回るだけだ。

アルマジロのように体を丸めて転がりながらセブンの攻撃をかわすが、エメリウム光線を受け泡となり消滅してしまった。

身長40m、体重1万5千t。

icon-check-square-o ユタ花村役の真理アンヌ

ウルトラセブン全話を通して美人度では上位にランクインする美貌の持ち主だ。

ミステリアスな占い師役については、自分なりに演技を考えたそうだ。

目の焦点を合わせず、抑揚のないイントネーションで話して宇宙人に操られている雰囲気を作り出す。

操られる(意識を乗り移られる)という感じがわからず、お酒に酔った感じを想像していたようだ。

占いについても少しは知っていたようで、ユタ花村は当たり役だったのかもしれない。

因みに、「ユタ」とは沖縄で霊媒師を意味するようだ。

その他、「ウルトラセブン出演の美人女優ベスト7」の第4位の項も参照して頂きたい。

icon-check-square-o 侵略が続くミステリアスな最後

放映版ではセブンがダンカンを倒し、ダンが行方不明のまま皆で喜び一件落着、ナレーションを交えて終わっている。

しかし、シナリオでは続きがあったのだ。

大都会で顔を伏せた作業員たちが、アスファルト工事をしている場面を見て「みなさん、彼らは敵なのでしょうか、それとも見方なのでしょうか…」

と言うミステリアスなナレーションで終わるのだ。

「ダンカンの計画はまだ終わっていないのだ」と言いたかったかのように。

視聴率:23.9%

脚本:金城哲夫
監督:円谷一
特殊技術監督:高野宏一

-第34話「蒸発都市」
-, ,