ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第29話「ひとりぼっちの地球人」

ひとりぼっちで宇宙人と戦った地球人

周囲から認められない現在の境遇から抜け出すために、宇宙人を信頼し逆に利用されてしまう独りぼっちの青年。

icon-check-square-o 第29話「ひとりぼっちの地球人」あらすじ

科学観測衛星が地球の科学力を遥かに超えることから、打ち上げた京南大学の二羽教授に宇宙人の疑惑が持ち上がった。

そこで京南大学に婚約者がいるソガが、調査に向かうことになった。

ソガの婚約者である冴子の協力により、仁羽教授の助手である一の宮は仁羽教授が宇宙人であることに気付いていたことを知る。

しかし、誰もが見向きもしなかった、一の宮自身の発明である伝送移動機を作ってくれた仁羽教授を人間以上に信頼していたのだ。

ところが、仁羽教授の本当の企みが、地球侵略であることを知るにあたり、地球人であることの本能に目覚めたのか、その企みを阻止すべく自ら命を犠牲にするのだった。

程なくセブンとホーク2号の働きによりプロテ星人の宇宙船を爆破、壊滅に成功する。


icon-check-square-o 宇宙スパイ プロテ星人

シリウス系第7惑星であるプロテ星の出身である。

日常は、京南大学の仁羽教授に姿を変えスパイ活動を行っていた。

科学観測衛星と偽って打ち上げた衛星は、地球防衛軍の各国秘密基地の戦略資料を収集するスパイ衛星だったのだ。

プロテ星人は、その資料をもとに地球侵略を目論んでいたのである。

本来の姿に戻ってのセブンとの対決は、分身の術を彷彿させる能力でセブンを翻弄する。

最後は、自分の抜け殻をダミーにしてセブンと戦わせ、自分自身は赤い液体になって抜け出し宇宙船に帰還しようとする。

プロテ星人は人を小バカにしたような風貌だが、まともに戦ったらセブンも相当苦戦したはずだ。

仁羽教授に化けた時に見せる攻撃、Vサインから出す光線も印象的だ。

身長1.7~46m、体重100kg~1.2万t。

icon-check-square-o ソガ隊員と婚約者

京南大学の2年生、南部冴子役で出演したのは北林早苗だ。

映画やテレビドラマに多数出演しているが、特に時代劇に多く出演していた。

作戦室でソガが、婚約者のいる京南大学を自慢するシーンではソガが、読んでいる雑誌は何と英語だ。

その雑誌の小見出しをよく見てみると"The Year that Man Stepped into Space"とある。

「人類が宇宙に踏み出した年」とでも訳すのだろうか?一言でいえば「宇宙元年」か。

アポロ11号が、月に人類を運んだ1969を目前としての記事だったのかは不明だが、宇宙への意識が非常に高まっていた時期だ。

ともかく、朗読している内容と雑誌がリンクしていないのは面白いし、フルハシまでが英語の雑誌を見ているのには驚かされる。

大人っぽい気取った、南部冴子が乗っているオープンカーは、ルノーのカラベル右ハンドル仕様だった。

icon-check-square-o ソガが眼鏡を掛けていた理由

ソガが教授室で仁羽教授と対峙しているシーンに切り替わった時、眼鏡を外しながら、

ソガ:「勘付かれたとなれば話はし易い。仁羽教授と言うのは仮の名、シリウス系第7惑星プロテ星人と言うのは貴様の正体だろう。」とある。

この前に脚本からカットされてしまったシーンがあるのだ。

大学構内で冴子と別れた後、科学日報の記者を装って教授に近づくのだが、敵は全てお見通し。

と言う部分がカットされたため、ソガのセリフが唐突な感じになってしまっているのだ。

つまり、ソガが科学日報の記者を装って眼鏡を掛けていたという訳だ。

因みにロケ地の大学は、ピラミッドが有名な学習院大学だ。

視聴率:24.9%

脚本:市川森一
監督:満田かずほ
特殊技術監督:高野宏一

-第29話「ひとりぼっちの地球人」
-,