ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

第24話「北へ還れ!」

北へ還ったフルハシ隊員に迫る危機

2017/03/31

ウルトラ警備隊フルハシの生活感溢れる母子愛に立ちはだかる、オーロラ怪人カナン星人とは。

icon-check-square-o 第24話「北へ還れ!」あらすじ

地球防衛軍のパトロール機と民間旅客機が、正面衝突する事故が発生した。

原因究明をするため、フルハシを北極上空へ派遣させたのだが、パトロール機と同様ホーク3号が操縦不能に陥る。

一方、民間旅客機も操縦不能に陥り、またもや正面衝突の危機に見舞われたのだ。

救助に向かうダンが、途中で怪しい灯台を発見した。

ウィンダムを灯台に向かわせるも、電子頭脳を狂わせられコンフュ状態にされる。

灯台は、オーロラ怪人カナン星人の宇宙船だったのだ。

ダンはセブンに変身し、敵宇宙船を撃破し間一髪で、フルハシと民間旅客機の正面衝突の回避に成功するのだった。


icon-check-square-o フルハシの母

フルハシのパトロール中にウルトラ警備隊にやって来た母(ユキ)。

ウルトラ警備隊近くのホテルに案内され、ダンがお母さんの相手をすることになる。

防衛軍の基地上部にはスターホテルが存在するが、通常はVIPの宿泊用となっている。

そのため、ウルトラ警備隊員の母親が、案内されたのは麓のホテルだった。

ホテルのテレビで放送していた相撲の解説が、大鵬対柏戸の一戦となっていたが、実際は異なるようだ。

音声係が適当な解説を入れ込んだとの事で、画面と声の内容は一致していない。

当時は、大鵬が大人気だったこともあり、人気カードを使ったのは納得できる。

母親役の女優は、おっとりした優しそうな、市川春代だ。

フルハシが、市川春代さんと共演した感想を以下のように語ったそうだ。

「なんて、品のいい人なんだろう。俺の母親役としたら、ミスキャストじゃないか」と。

icon-check-square-o オーロラ怪人カナン星人

カナン星の環境が、北極圏の環境と似ていることで北極圏を侵略しようとする。

カナン星人は、灯台にカモフラージュした宇宙船で7色の光線を発射し、オーロラをコントロールする。

そのオーロラによって、付近を飛行する航空機の制御を奪い、正面衝突をさせていたのだ。

トンボの目のような巨大な目を持ち、口元は何となくウルトラマンに似ている。

怪獣の類は従えず、3人だけでやって来たようだ。

話している声質を聞く限りでは、3人とも女性なのかもしれない。

身長1.8m、体重62kg。

icon-check-square-o その他

フルハシの帰郷シーンの駅の名前は「美幌別駅」と北海道風な名前であるが、ロケ地は長野県の国鉄小海線野辺山旧駅舎とある。

冒頭、2両編成で鉄橋を通過するシーンは、国鉄小海線の清里-野辺山間で遠景は八ヶ岳。

フルハシが妹を騙して引き返してしまった後、実家ではフルハシの為に大量に用意していたバーベキューの肉をヤケ食いする妹と、思いつめる母親のシーンがカットされてしまったようだ。

フルハシに焦点をあてた「フルハシ隊員の頬を伝う涙の正体」もご覧ください。

視聴率:30.1%

脚本:市川森一
監督:満田かずほ
特殊技術監督:高野宏一

-第24話「北へ還れ!」
-, ,