ウルトラセブンが見たくなるブログ

大人のためのウルトラセブンのお話し

出演者

ウルトラセブン出演の美人女優ベスト7

2016/11/30

ウルトラセブンに出演した数々の女優さん。

今でこそ超有名でも当時は、垢ぬけない新人だった女優や現在では、鳴かず飛ばずだったり、すでに引退してしまっていたりと様々だ。

そんな中から独断と偏見でベスト7をランキングしてみたいと思う。

icon-check-square-o第7位「中真千子」(第2話「緑の恐怖」)

宇宙ステーションV3から帰還した、石黒隊員の妻役(石黒美津子)で登場。

加山雄三の若大将シリーズに出演していた東宝所属の女優で、お茶目な可愛さをもった、中国大連からの引揚者だ。

小田急線ロマンスカーの中で、旦那さんがだんだん怪物に変身していくシーンは、長時間の撮影でよく覚えているそうだ。


icon-check-square-o第6位「香野百合子」(第37話「盗まれたウルトラ・アイ」)

マゼラン星人のマヤ役で登場した吉田ゆり(現・香野百合)。

マヤはテレパシーで会話するため、セリフが無く表情だけの演技だが、見事演じきった。

当時の彼女が、17歳の高校生だったと言うことには驚かされる。

心を閉ざして打ち解けようとしないひた向きさに、切なさを感じる謎めいた美少女は、彼女のはまり役だったのではないだろうか。

icon-check-square-o第5位「田村奈巳」(第26話「超兵器R1号」)

超兵器R1号の開発実験に関わる生物学者・前野博士役で出演。

東宝所属でアンヌの先輩にあたる美人だ。

生物が居ないと判断して破壊した惑星に、生物が居たことで苦悩する。

テーマ性をもった当エピソードは、自分にとってはやり甲斐のある、理想的な仕事だっただようだ。

icon-check-square-o第4位「真理アンヌ」(第34話「蒸発都市」)

謎の霊媒師(ユタ花村)役で出演。

実は、金城哲夫は真理アンヌの大ファンだったことから、友里アンヌ隊員役のオファーをしていたのだ。

当時の真理アンヌは忙しかったのと、1年間の拘束、掘っ立て小屋みたいなスタジオが嫌だったとかで実現しなかった。

しかし、もっと強いアプローチがあったら受けていたかもしれないと。

上記の経緯から、アンヌ隊員のアンヌは、真理アンヌのアンヌからとったものらしい。

icon-check-square-o第3位 リンダ・ハーディスティ(第14話「ウルトラ警備隊西へ」)

ドロシー・アンダーソン役で登場する異色の外人ゲスト。

国際演技者紹介所に所属する上智大学の留学生だった。

彼女は、日本映画の「日本のいちばん長い日」が好きな、知日派だったようだ。

しかし、非情に残念なことだが、39歳の若さでで亡くなっていた。

icon-check-square-o第2位「小林夕岐子」(第9話「アンドロイド0指令」)

アンドロイド役で登場した美女、小林夕岐子。

元タカラジェンヌで女優の山鳩くるみを母親に持つサラブレットだ。

当エピソードに出演する前にも映画やドラマに何本か出ていたようだが、本格的は仕事はこれが初めてで思い入れが大きいようだ。

上品でクールビューティな顔は、アンドロイド役にはピッタリだったのではないだろうか?

icon-check-square-o第1位「ひし美ゆり子」(友里アンヌ隊員)

アップで見るとニキビが多く目につくものの、時には愛らしく、時には寂しそうで、時にはお姉さんっぽい、全ての表情がファンを引き付けて離さない。

真理アンヌであったり、豊浦美子であったり、当初オファーした女優と結実しなかったことから実現した、ひし美ゆり子のアンヌ隊員。

夫々の女優のアンヌ隊員も見てみたいと思う反面、今のアンヌ隊員でよかったと素直に思うのも事実だ。

素直にオファーを受けてもらったひし美ゆり子さんに感謝したい。

-出演者
-, , , , , , , ,